sodasan(ソーダサン)-ドイツのオーガニック洗剤シェアNo.1メーカー

sodasanについて

ドイツ北西部のウプレンゲンで1982年に設立されました。

当時はドイツ国内で水質汚染が深刻化していたため、可能な限りオーガニック栽培の再生可能な原料を使用し、生分解性を追求することで、製造過程から使用後に至るまで環境を汚染しない洗剤を開発しました。

また、環境に優しいだけではなく、機能的で広く普及する洗剤となるように、従来の石油由来の洗剤に負けない洗浄力や使用感の良さも追求しました。

その結果、sodasanはドイツ国内のオーガニック洗剤の市場シェアNO.1を誇るブランドに成長しました。

また、グリーンエネルギーを利用したり、再生利用可能なペットボトルのみを使用するなど、環境を保護する活動にも積極的に取り組んでいます。

sodasan商品の特徴

手肌にやさしく、使用感がよく、すっきりとした香りが特徴となっています。

原料にはココナッツ油とショ糖またはスターチから作られており、生分解性が高い洗浄剤である「ショ糖界面活性剤」を使用しています。

これは石油由来の界面活性剤とは違い、手肌にやさしく生分解性が高く洗浄力や気泡力にも優れています。

製品の製造にあたっては以下のこだわりを守っています。

  1. 石油由来の原料不使用
  2. 酵素不使用
  3. 有機塩素化学物質不使用
  4. リン酸塩不使用
  5. 合成香料、保存料不使用(天然のエッセンシャルイオイル使用)
  6. アレルギーテスト済

数々の認証を取得

エコサート認定(Ecocert)

フランスで設立された国際オーガニック製品認定機関。EU内外80ヵ国以上で認定を行い、国際オーガニック機関として厳しい規定により認定を行っています。

エコギャランティ(Eco Garantie)

環境にやさしい製品につけられるベルギーの認証。品質と安全、次世代への環境を保証するための厳しい基準を満たしていることを表しています。

ヴィーガン(Vegan)

国際完全菜食主義者規格認証。原料から製造工程まで一切動物原料を使用しない化粧品や食品などに与えられます。

環境への配慮の徹底

sodasan(ソーダサン)では、100%カーボンニュートラルを実現するために、使用する電力は、80%を太陽光システムや熱電動併給システムを利用した電力を使用し、残り20%はグリーンピースエネルギーの風力ガスを使用しています。

参照サイト

関連記事